【特集】ウクライナ危機の本質と背景

ノーベル平和賞2022~「武器を捨てよ」に繋がるのか?

浜地道雄

中東、米国駐在はじめ「異文化(宗教)」の世界にあって、長いビジネス経験で痛感した「平和あってこそのビジネス(除く武器商)」。

その思いの中、【憲法9条ノーベル平和賞を】という2014年1月3日付け東京新聞は衝撃的だった。

以来、現地(オスロ)訪問はじめ、「九条の会日本被団協」をnominate推薦してきた(裏方)。

そして、ノーベル平和賞2022発表(10月7日、オスロ)に当り、折しもの「ロシア悪、ウクライナ善」という報道・解説に、「武器を捨てよ(Suttner)」に繋がるのか?」と違和感をもった。

武器を捨てよ Suttner襟章(ノーベル平和賞受賞の最初の女性 1905)

 

現下、(偽)情報が溢れる世界混乱にあって極めて重要なFACT CHECK(一体「真実」は何なのだ?)を軸に検証した。

これを、文字通り、憲法、法学の専門サイト法学館憲法研究所(伊藤真所長)が取り上げてくれた。内外平和主義知識人のメッセージもあり、誇らしく、励まされる。

ノーベル平和賞2022に想う~「武器を捨てよ」に繋がるのか? | 憲法研究所 発信記事一覧 | 憲法研究所 (jicl.jp)

 

※この記事は、「浜地道雄の『異目異耳』」(2022年10月25日)からの転載です。
原文は、コチラ→https://hamajimichio.hatenablog.com/entry/2022/10/25/065938

 

ISF主催公開シンポジウム(11月25日開催)『ウクライナ危機と世界秩序の転換 ~情報操作と二重基準を越えて』の申し込み

※ウクライナ問題関連の注目サイトのご紹介です。

https://isfweb.org/recommended/page-4879/

※ご支援のお願いのチラシ作成しました。ダウンロードはこちらまで。

https://isfweb.org/2790-2/

「独立言論フォーラム(ISF)ご支援のお願い」の動画を作成しました!

浜地道雄 浜地道雄

国際ビジネスコンサルタント。1965年、慶応義塾大学経済学部卒業。同年、ニチメン(現・双日)入社。石油部員としてテヘラン、リヤド駐在。1988年、帝国データバンクに転職。同社米国社長としてNYCに赴任、2002年ビジネスコンサルタントとして独立。現在、(一財)グローバル人材開発顧問。「月刊グルーバル経営」誌にGlobal Business English Fileを長期連載中。

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告は一切取らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

ISF主催の公開シンポ&トーク茶話会 注目イベントの紹介 琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

Recommend Movie

columnist

執筆者

一覧へ