編集後記:名のない夜空を見上げて

梶山天

日が暮れるのがめっきり早くなった。栃木県日光市鬼怒川温泉大原に1993年にオープンしたテーマパーク「東武ワールドスクウェア」では、2022年12月月から土、日曜日と祝日に限り、夜間(午後4時半から7時まで)に48もの世界遺産を含む世界の有名建築物102点を煌びやかにライトアップするとともに、イルミネーションを点灯している。

冬の日本で夢の世界一周を家族連れや恋人たちが楽しんでいる。23年1月29日がそのラストチャンスだ。入場料は大人1500円、子ども1000円。

世界建築博物館とも呼ばれる園内は、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど6ゾーンに分かれ、世界22カ国・地域の世界的に有名な建造物が精巧に再現されている。

エジプトキザの大ピラミッド(クフ王のピラミッド)やスペインバルセロナのサグラダ・ファミリア、イタリアヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂、中国北京の紫禁城(故宮)など建物はいずれも25分の1のスケールだ。

エジプトギザの大ピラミッド(クフ王のピラミッド)

 

イタリアヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂

 

スペインバルセロナのサクラダ・ファミリア、フランスパリのエトワール凱旋門

 

中国北京の紫禁城(故宮)

 

東武ワールドスクウェア株式会社の宮原弘社長は「建物には天井がなく、会場を回るだけで世界一周ができる」と力説する。実際の建物は高層のため、天井付近の壁画やデザインを観賞することは不可能だ。

ところが、この園内ではその見えない物が全て楽しめる。まるで自分が『ガリヴァー旅行記(”Travels into Several Remote Nations of the World, in Four Parts. By Lemuel Gulliver, First a Surgeon, and then a Captain of Several Ships”)』の主人公レミュエル・ガリヴァー(Lemuel Gulliver)になった気分になる。

しかも、ほんとに世界一周したら時間と手間暇がかかる。一石二鳥なのだ。

世界では、火災によって2019年にフランス・パリのノートルダム大聖堂と沖縄県那覇市の首里城が相次いで焼失。世界中の人たちが悲嘆している。しかし、ワールドスクウェア園内では2棟とも健在だ。

大自然が広がる日光の冬の夜空に輝く星の美しさは、言葉では表せない。21年8月までここで5年間、1人で暮らした。名のない空を見上げて、星を見つけてはとても大切なキミの名を呼んでいる自分がいた。

 

ISF主催公開シンポジウムのお知らせ(2023年1月28日):(旧)統一教会と日本政治の闇を問う〜自民党は統一教会との関係を断ち切れるのか

ISF主催トーク茶話会(2023年1月29日):菱山南帆子さんを囲んでのトーク茶話会のご案内 

※ご支援のお願いのチラシ作成しました。ダウンロードはこちらまで。

https://isfweb.org/2790-2/

「独立言論フォーラム(ISF)ご支援のお願い」の動画を作成しました!

梶山天 梶山天

独立言論フォーラム(ISF)副編集長(国内問題担当)。1956年、長崎県五島市生まれ。1978年朝日新聞社入社。西部本社報道センター次長、鹿児島総局長、東京本社特別報道部長代理などを経て2021年に退職。鹿児島総局長時代の「鹿児島県警による03年県議選公職選挙法違反『でっちあげ事件』をめぐるスクープと一連のキャンペーン」で鹿児島総局が2007年11月に石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞などを受賞。著書に『「違法」捜査 志布志事件「でっちあげ」の真実』(角川学芸出版)などがある。

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告に頼らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

会員登録のお願い ISF主催の公開シンポ&トーク茶話会 注目イベントの紹介 琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

Recommend Movie

columnist

執筆者

一覧へ