【特集】沖縄の日本復帰50周年を問い直す

沖縄「返還」(併合)50 年を迎えて

松岡利康

5月15日、沖縄が日本に「返還」(併合)されて50年が経ちました。
50年前の5月15日、私はデモの中にいました。ビルの谷間に空しくこだまするシュピレヒコールが記憶に残っています。

事実上の沖縄決戦は前年の 1971年でした。『沖縄決戦』という映画も作られ放映されました(監督・岡本喜八、脚本・新藤兼人、東宝。8月14日封切り。俳優も、小林桂樹、仲代達也、丹波哲郎、加山雄三、田中邦衛、大空真弓、酒井和歌子ら錚々たる布陣)。映画の中で、終戦間近、敗色濃い沖縄決戦直前、大本営は精鋭部隊の派遣をドタキャンし、その理由として「沖縄は本土のためにある。それを忘れるな」と語っていますが、ヤマトンチュのこの意識は「返還」後もずっと続き、今 はどうでしょうか。

返還協定調印(6月)から批准(11月)まで沖縄現地、「本土」ともに激しい抵抗がなされました。翌72年は、連合赤軍事件があったりで、沖縄「返還」に対する抗議行動は、わずかにブント戦旗日向派が「5・13神田武装遊撃戦」を最後の火花のごとく実力闘争で闘ったことが記憶に残るぐらいです。同派は前年、精鋭の「共産主義武装宣伝隊」が権力中枢の外務省に突入を試みたことが ありましたが、5・13は、権力の中枢とは程遠い御茶ノ水での闘いでした。かなりの数の逮捕者を出しましたが、それだけの逮捕者を出してまでもやるのなら、もっと権力中枢でやってほしかったところで残念です。

70年安保闘争が 1970年その年の闘いではなく、67年羽田闘争から 69年秋期決戦まで続き雌雄が決っしたように、沖縄決戦は、1971年に大きなうねりとなり闘われ敗北しました。

よく 69年の闘いに敗北し、その後の反戦運動、社会運動、学生運動(以下それらをまとめて「運動」と略称します)がそこで終わったかのように記述されますが、70年にも闘いを続ける人たちはまだ多くいました。当時私も大学に入ったばかりで「遅れてきた青年」(大江健三郎の同名の小説 のタイトル)でその運動に参加しました。今と違い学園には立看が林立し日々多くのビラが撒かれ ました。深夜喫茶などもあって、夜遅くまで喧々諤々の議論が交わされました。熱い季節はまだ続いていました。

1971年には、三里塚闘争も山場を迎え、また国公私立大の学費値上げ阻止闘争と連繋し沖縄闘争が闘われました。当時のドキュメント映像が時に放映されますが、みな真剣でひたむきな目を しています。この頃の時代の空気や闘いの記録、記憶は、昨年に発行した『抵抗と絶望の狭間一九七一年から連合赤軍へ』に、詳細な年表と共に、多くの執筆者が書き記している通りですので、未読の方はぜひご購読いただきたいと思います。

1972年5月15日付の『琉球新報』

1972年5月15日付けの『沖縄タイムス』

映画『沖縄決戦』ジャケット

*次頁以降の画像は、

①京都市内中心部で最初で最後の市街戦となった 71年5・19沖縄全島ゼネスト連帯―返還協定調印阻止闘争(京都):『朝日新聞(朝刊)』(1971年5月20日付)。

②71年6・17 沖縄返還協定調印阻止闘争(東京)

③71年11・14 沖縄返還協定批准阻止闘争(東京渋谷)

④71年11・19 沖縄返還協定批准阻止闘争(東京日比谷):『朝日新聞(朝刊)』(1971年11月20日付)

⑤72年5・15 偽善的「返還」にひとり気を吐いたブント戦旗日向派の 72年5・13神田武装遊撃戦:『戦旗』(1972年5月15日付)

◆ 盛り上がった運動に水を差した分裂と、死者を続出させた内ゲバ

1971 年の運動は盛り上がりましたが、それに水を差したのは運動の分裂と、死者が続出した内ゲバだといえます。

運動の分裂としては、新左翼最大党派の一つブントが、いわゆる戦旗派(日向派)と連合派(関西派、さらぎ派、神奈川)に 4・28 沖縄デーでの日比谷公園でのゲバルトで分裂に決着、これが第二次ブント最後の分裂かと思いきや、以後も分裂や離合集散を繰り返しています。ブントは、60年安保前夜に結成、60年安保闘争を闘い、その後分裂し、ようやく66年に再建しましたが、以来毎年のように分裂してきました。なんのための再建だったのでしょうか。

また、対立はありつつも表面上は分裂を回避してきた新左翼系の統一運動体・全国全共闘(八派共闘)が、6月15 日に大きく二つ(奪還派〔中核・第四インター〕と返還粉砕派〔解放派・フロント・ブント・プロ学同など〕)に分裂しました。

さらに沖縄の青年組織も、「沖縄青年委員会」(略称「沖青委」。中核派と共闘)と「沖縄青年同盟」(略称「沖青同」。解放派等と共闘)に分裂し、前者は皇居突入、後者は国会内で爆竹を鳴らすなどの抗議行動を行いました。

分裂はしつつも死者を出すまでもなく、各派、各組織ともに権力(当時の佐藤政府)に対して懸命に 72 年欺瞞的「返還」に抗議・抵抗しました。

画像:71 年 4・28 ブントの内ゲバ(東京日比谷公園)、「奪還か返還粉砕か—6.15沖縄返還協定調印阻止闘争」

ところが、中核 vs 革マル間の内ゲバが、70 年に革マル派学生が 1 名亡くなった後も続き、71 年には横浜国大寮で革マル派学生が中核派に襲撃され 1 名が死亡(10月)、革マル派も反撃し学費値上げ反対闘争を闘っていた関西大学のバリケードを深夜襲撃、そこにいた中核派の中心的活動家 2 名が亡くなっています(12月)。そのうち 1 名は面識があった人でした。

さらに、これはあまり知られていませんが、沖縄人民党(「返還」後に共産党に合流)民青が琉球大の寮で革マル派を襲撃、1 名死亡させています(6月)。

この当時、沖縄人民党の党首は、ここ数年ヒーロー扱いされている瀬長亀次郎でした。私はよく言 うのですが、瀬長を持ち上げる人たちは、その事件をどう考えるのか、教えていただきたいと思い ます。瀬長が、駐留米軍と闘ったことと共に、この死亡事件に対しどう対処したのかも併せて考え ないと瀬長の総合的な評価はできないんじゃないでしょうか。
そうして決定的だったのは、72年3月に発覚した連合赤軍事件でした。この事件については、前出『抵抗と絶望の狭間』はじめ本年になって続々と刊行された書籍を参考にしてください。

*画像は、沖縄人民党民青による革マル派襲撃 1 人死亡

◆ 沖縄は変わったのか?

沖縄が「本土」に「返還」(併合)されて 50 年、果たして沖縄は変わったのでしょうか?「本土」との往来は自由になったとはいえ、相変わらず米軍の基地が、沖縄本島のかなりの面積を占め、米軍 関連の事故や事件もなくなってはいません。観光産業が基幹産業で、国家的に抜本的な産業振興策もあまり聞かれませんし経済的にも恵まれているとはいえません。

50 年前の私たちのスローガンに「沖縄の侵略前線基地化阻止!」がありました。当時沖縄は、ベトナム戦争のまさに最前線でした。では、ベトナム戦争が終わったからといって、米軍基地が沖縄 からなくなったでしょうか。いわずもがなです。今はアジア支配への最前線、日米安保体制の要で あり続けています。沖縄に米軍基地がなくなれば、どれほど美しい島になるでしょうか。基地に働くみなさんの生活はどうする? 政府がきちんとした経済政策を採ればいいだけの話です。沖縄県は「返還」以来、いわゆる「革新」知事が長かったこともあるのか、自民党政府も、お金が要る経済政策はおざなりだったのではないでしょうか。

 

1 2
松岡利康 松岡利康

鹿砦社代表

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告は一切取らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

ISF主催の公開シンポ&トーク茶話会 注目イベントの紹介 琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

columnist

執筆者

一覧へ