【連載】前田哲男の国際評論

第1回 南西諸島ミサイル基地化の諸相と背景

前田哲男

【連載を始めるにあたって】
同郷(北九州市小倉)の友人でもある木村 朗さんにたのまれて、本インターネットメディア「ISF(独立言論フォーラム)」にコラムをつづることとなった。Webに連載するのははじめての経験だ。「独立した言論=インディペンデント・ジャーナリスト」、この肩書は1970年代以来名刺の裏に記している、わが職業上の英文自称でもある。同名とあっては奮い立たずにいられない。「現場へ」と「現場から」が身上でありながら移動もままならないコロナ時代のうっぷんを、この記事に託したい思いも強い。

幕開きに何をとりあげるか思案したが、沖縄から発信されるメディアでもあり(同時に時事性、緊急性からも)、第1回は、2022年度防衛予算の看板政策となった感のある「自衛隊の南西諸島シフト」について書くことにした。奄美大島~宮古島~石垣島をつらねる「ミサイル基地の鎖」、そして種子島の離島・馬(ま)毛(げ)島(しま)に建設される「自衛隊馬毛島基地」が意図するもの、についてである。事の重大さにもかかわらず、新聞紙面にあまり取りあげられない苛立ちも、すこし関係している。

Israel’s “Iron Dome” Enemy missile interception system

 

まず「南西諸島」とは、からはじめよう。この名称、鹿児島県の薩南(さつなん)諸島(大隅諸島、奄美諸島)から琉球諸島(沖縄本島と先島諸島)を総称する呼び名だ。総延長1200㌔におよび、日本列島の本州に相当する長さをもつ。かつて「戦艦大和」が沈んだ(1945年4月)のは徳之島西方沖、また、島尾敏雄ひきいる「震洋特攻艇」の待機基地も、南西諸島の一角「加計(かけ)呂(ろ)麻(ま)島」にあった(同年8月)。その時期、「本土決戦の捨て石」とされ、特攻機登場の若者多数が死んだ場所でもある。それら島々の散在する南西諸島に、いま「対中防衛線=ミサイル基地」が築かれようとしているのである。

2022年度防衛予算に計上された主要経費からそれはうかがえる。防衛省は来年度予算を「防衛力強化加速パッケージ」と称しているが、「加速」の力点が「南西シフト」に置かれているのはまちがいない。「石垣駐屯地開設費」110億円、「宮古島駐屯地」、「奄美駐屯地」の火薬庫・倉庫建設に169億円が投じられる。さらに、種子島の離島・馬毛島を島ぐるみ買収、そこに3自衛隊共有の「自衛隊馬毛島基地」建設費3183億円も計上された。「全島基地」、「共有基地」、ともに自衛隊初の基地づくりである。台湾海峡に接する与那国島に「電子戦部隊」新設経費55億円も盛られている。

すでに奄美大島の2カ所と石垣島には駐屯地が開隊していて、そこに「12式地対艦誘導弾」(射程100㌔以上)が配備されている。その「12式」の射程を900㌔以上に延伸させる「12式能力向上型」が開発途上にあり、25年には(宮古島も含め)4駐屯地に配備完了という。射程900㌔以上といえば、もはや「短距離ミサイル」とはいえず「中距離ミサイル」と呼ばなければならない。南西諸島基地にそれらが置かれれば、台湾海峡全域はむろんのこと、厦門(あもい)、上海など中国沿岸都市も攻撃可能対象エリアとなる。「敵基地攻撃論」の実行という以外に表現のしようはない。

すでにあきらかなように、「南西シフト」とは、陸上自衛隊の戦略重心転換――「対ソ」=北海道作戦から「対中」=南西諸島作戦へ、戦車戦からミサイル戦へを意味しているのであり、かつ「着上陸作戦から先制攻撃」に、すなわち「敵基地攻撃能力」と分かちがたくリンクしている内実がみてとれる。同時に、「敵基地攻撃論」という机上の問題ではなく、予算・作戦計画に裏づけられた「配備段階」として進行しつつある実情を直視しなければならない。このような基地建設を含む予算案が上程されているのに、衆議院の審議ではほとんど論戦もなく可決されてしまった(22年2月22日)。野党のふがいなさに「ブルータスよ、お前もか」とつぶやくしかない。

China and Japan over the Diaoyu Islands (Senkaku Islands) conflict

1 2
前田哲男 前田哲男

1938年福岡県生まれ。長崎放送記者を経て71年よりフリージャーナリスト。著書に『棄民の群島 ミクロネシア被爆民の記録』(79 年時事通信社)、『戦略爆撃の思想 ゲルニカ―重慶―広島への軌跡』(88年 年朝日新聞社)など。近著『敵基地攻撃論批判』(2020年 立憲フォーラム)、『進行する自衛隊配備強化と市民監視』(21年 平和フォーラム)など

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告は一切取らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 注目イベントの紹介 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

columnist

執筆者

一覧へ