【特集】コロナ&ワクチン問題の真実と背景

コロナワクチン後遺症に目を向けよ~医師・長尾和宏さん

林田英明

コロナ禍が世界を覆う。しかし、本当の脅威は新型コロナウイルスではなく、ワクチンを推進する人間のほうではないのか。兵庫県尼崎市の長尾クリニック院長、長尾和宏さん(63/写真)の話を聞いていると、そんな気がしてくる。2022年3月6日、「シアターセブン」(大阪市淀川区)で『記録映像 ワクチン後遺症』(1時間52分)上映後のトークに参加した40人は、質疑応答を交えた1時間のトークに聴き入った。

長尾医師の写真

 

●記録映像で熱く語る5人

最初、チラシの「ワクチン後遺症」を私は一瞬「コロナ後遺症」と誤読した。新型コロナに感染すると、さまざまな後遺症に苦しむ例を報道で見聞きする。若くても、だるさや味覚障害などが長引けばつらい。高齢者や基礎疾患を持つ人たちにとって感染は死の影を帯びる重篤な症状を来しかねない。だが、長尾さんは「ワクチン後遺症」と言っている。21年末、大阪市で開かれたシンポジウムの記録映像はどんな内容なのか。ジャーナリスト、鳥集(とりだまり)徹さんの司会の下、4人のパネリストが登場する。長尾さん▽京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授、宮沢孝幸さん▽元衆議院議員の弁護士、青山雅幸さん▽大阪府泉大津市長、南出賢一さん――である。それぞれの立場からワクチンへの対応を明らかにしている。

長尾さんは、現場の医師として実際に患者に接し、ワクチン接種後に歩行困難や短期記憶の障害を訴える学生の動画を映し出す。宮沢さんは、感染力は強いが弱毒化しているオミクロン株の登場で「これで上がりでしょ」と、季節性インフルエンザと同様の対応に落ち着くべきなのにワクチン信仰が強まるばかりの異常性を説いた。青山さんは、若年層に心筋炎・心膜炎の副作用が多発し、ワクチンを打つことによってかえって危険性を増していると警告。

そして南出さんは、オミクロン株のデータが5~11歳については存在しないとする後藤茂之厚生労働相の22年2月の答弁を引き合いに、市長として対象世帯のワクチン接種券は希望者の申請に限り、一律送付しないことにしたと語った。鳥集さんも、司会の範疇にとどまらず、厚労省の恣意的なデータ運用を挙げて「メディアは何をしているんですか」と報道に強くアピールする姿が印象的だった。

1 2 3
林田英明 林田英明

1959年、北九州市生まれ。明治大学文学部卒業。毎日新聞校閲センター大阪グループ在勤。単著に『戦争への抵抗力を培うために』(2008年、青雲印刷)、『それでもあなたは原発なのか』(2014年、南方新社)。共著に『不良老人伝』(2008年、東海大学出版会)ほか。

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告は一切取らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 注目イベントの紹介 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

columnist

執筆者

一覧へ