【連載】週刊 鳥越俊太郎のイチオシ速報!!

第4回 私は、何故安倍晋三元総理の国葬に反対するのか?/初めて私の心情を訴える

鳥越俊太郎

以下の文章は先日日本共産党の地域後援会ニュース用に書いたものだが、今の私の心情を明らかにするとすればこれ以外になく今週の「週刊鳥越 俊太郎イチオシ速報」にも掲載を決めた。

国葬反対 共産党頑張れ

私は昭和15年3月生まれ。戦後第一期小学生だ。そんな私が絶対譲れないのは「戦争と核」だ。如何なる理由、シチュエーションであれ、この非人間性には我が一身を賭してでも反対をしたい。

私は戦後の総理大臣を皆見続けてきたが、最も「戦争と核」に近づいたのは、他ならぬ安倍晋三元総理大臣である。集団的自衛権の導入の先頭に立ち、東京五輪招致の際「フクシマはアンダーコントロール」と嘘をつき、「敵基地攻撃能力」や「核共有」を死の直前まで高言し続けた。

私の信条からすれば政治的には最も犯罪的な政治家であり、日本の総理大臣であった。

だからと言って銃撃し、死に至らしめることなど許すべきではない。しかし、だからと言って全額国民の税金を使って執り行われる
「国葬」もまた許すべきではない。

「戦争と核」反対の私だけが「国葬NO」と言っているのではない。

国民の半数以上がこの「国葬」には反対なのだ。安倍政治には近い立場の「読売新聞」を除く新聞とテレビ全メディアの世論調査からすれば、明らかに日本国民半数以上は「安倍国葬」に反対なのだ。 岸田総理に言いたい。「キミは絶対的な少数派なのだ!キミは民主主義の原理、多数決を踏みにじるのか!。恥を知り給え!!

※追記
19日明らかになった毎日新聞と東京新聞、両紙に出た内閣支持率、国葬儀への支持率、共に驚くべき数字だ。岸田内閣は間違いなく少数派だ?国葬止める気は無いのか?

毎日新聞
内閣支持率29%(前回より7%下落)
国葬の賛否
反対62%
賛成27%

東京新聞(共同通信世論調査)
内閣支持率
40.2%(内閣発足以来最低)
国葬
反対 60.8%
賛成 38.5%

2022年9月17日
ジャーナリスト 鳥越俊太郎

 

※ご支援のお願いのチラシ作成しました。ダウンロードはこちらまで。

https://isfweb.org/2790-2/

「独立言論フォーラム(ISF)ご支援のお願い」の動画を作成しました!

鳥越俊太郎 鳥越俊太郎

1940年3月13日生まれ。福岡県出身。京都大学卒業後、毎日新聞社に入社。大阪本社社会部、東京本社社会部、テヘラン特派員、『サンデー毎日』編集長を経て、同社を退職。1989年より活動の場をテレビに移し、「ザ・スクープ」キャスターやコメンテーターとして活躍。山あり谷ありの取材生活を経て辿りついた肩書は“ニュースの職人”。2005年、大腸がん4期発覚。その後も肺や肝臓への転移が見つかり、4度の手術を受ける。以来、がん患者やその家族を対象とした講演活動を積極的に行っている。2010年よりスポーツジムにも通うなど、新境地を開拓中。

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告に頼らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

会員登録のお願い ISF主催の公開シンポ&トーク茶話会 注目イベントの紹介 琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

Recommend Movie

columnist

執筆者

一覧へ