【特集】統一教会と国葬問題

原爆・原発・統一教会 ~天網恢々、疎にして漏らさず!~

佐藤雅彦

道北で進度5強地震発生(出典:https://weathernews.jp/

 

記された戒(いまし)めである。ざっくり言えば、次のような意味だ――「天(の唯一神)が地に張りめぐらした“網”は、大きく、ゆったりしていて、目が粗いように思えるけれども、しかし決してこの“天の網”は悪を“目こぼし”することはなく、かならず搦(から)め捕る。つまり悪事を行なって一時的に“逃げおおせた”と思えたとしても、最終的には必ず天罰に遭(あ)うのだぞ!」。

本稿を書くにあたって、私はこの『老子』の格言を深く思わずには居られなかった。古代中国・春秋時代の哲学者・老子(BC571?~471?年)は今から2500年前に活躍したと伝えられる伝説の存在である。

日本の記紀15代くらいまでの“初期”の「天皇」や「聖徳太子」と同様、老子の存在そのものだって単なる虚構、神話、伝説かもしれないが、彼が遺(のこ)したとされる“言葉”は2500年の時代を超越して今も生きている。その言葉の意味は重いのだ。

安倍晋三の「暗殺」をどう解釈するかは、人さまざまであろう。当然「自業自得」が招いた「天罰」だと見る人もいるだろう。ここでは敢(あ)えてそれを論じることはしない。しかし私が安倍「客死(かくし)」の以前から強く感じていたのは、忌まわしい“天兆”が相次いで起きていたことである。

この島国に“政事(まつりごと)”が発生して以来、明治維新でインチキな「王政復古」の喜劇が幕開けするまで、政府が重大な仕事としていつの時代も力を入れてきたのは、天変地異の兆候をこまかく観測して、記録に残す作業なのであった。

新型コロナ感染症の、押しては返す“津波”的な感染爆発に加えて、破滅的な洪水や干害や台風などが日本列島を次々と襲い、さらには正体不明の怪しい“流れ星”がたびたび不気味に天を照(て)らしていた昨今、これが天命を畏(おそ)れる賢帝の時代であれば、大いに綱紀を粛正して政治腐敗を改め、人民の声に耳を傾けていたのであろうが、腐敗しきった自民公明政権は、権力者が“内輪”の悪友(オトモダチ)どうしで血税を輪姦(まわ)し、日本支配を夢見る韓国邪教“統一教会”の走狗となって日本の政治を蹂躙(じゅうりん)してきた。

近年の“天の兆(きざ)し”をみれば、自民党の腐敗勢力に「天罰」が下ったのは当然の帰結だと感じざるを得ない

全国各地の有名神社の鳥居や神殿が、台風や落雷に直撃されて、次々と破壊されるという惨害が続いている。まっとうな感性の神職なら、これに「神意(しんい)」を感じ取って当然であろうし、感受すべきであろう。そして統一教会のロボットとして動いてきた自民党の“魂の抜け殻(ゾンビ)”ども――いわば“霊的侵略者”――に対して、命がけで戦いを挑むべきであった。

「明治維新」が起こるまでの日本の歴史には、そうした庶民の鋭い感受性と、敬虔(けいけん)な心性が記録されているが、巫山戯(フザケ)た「王政復古」喜劇によって、日本人のそうした心性・霊性は腐りはてたのであろう。

その成れの果てが7月8日に奈良の駅前で展開した「アベ劇場」――昭和ふうに言えば「アベノスキャンダル」――の、「ダヴィデとゴリアテの戦い」を思わせる顛末(てんまつ)だったのである。

売国奴が日本の古都・奈良で、衆目環視のなかで「罰」を喰(く)らって息果てたのは象徴的だった。

「当選者」に黒バラをつける自民党岸田総裁

 

もうひとつの「天網恢々」は、この原稿を書き始めた8月11日の未明に起きた。北海道の北部は、地震が起きない日本有数の盤石(ばんじゃく)な地層である、という“前宣伝(ふれコミ)”で、幌延町が、高レベル放射性廃棄物の「地層処分」場の候補地と目されて、地層処分の研究センターが建造され、いま稼働している。

ところが幌延街とその周辺が「地質盤石」だという迷信は、もはや賞味期限が切れたようだ。すくなくとも2011年「3.11」大震災以来の日本の「冥土(めいど)」、地下世界(アングラ)ニッポンでは、そういう平穏はスッ飛んでしまった。

「8.11」未明から続いた道北地方の大地震の連発は、幌延地域が、高レベル廃棄物の地層処分を試みるには“日本で一番危険な場所”であることを、誰の目にもハッキリわかるかたちで“実証”したのだ。気象庁などの専門家にいわせると、北海道の北部、幌延町とその周辺は、北米プレートと太平洋プレートが激突してせめぎ合う「地震の巣」なのだという。

おかげで幌延町や隣接する(今回の震度5強の地震の震源地である)中川町の地下の、さほど深くない地殻には逆断層が生じて、それで一段と破壊的な地震が生じている……とのこと。そんな場所に地層処分の研究センターをつくるなんて、馬鹿なヒマ人どもである。

地下施設がどういうふうに崩壊するのか、じっくりと観察するつもりの物好きの集まりだとしか、もはや言えない。ついでだから、それらの研究者の地下「大深度」集合住宅も、幌延の地層処分研究センターに隣接して作ればいいのだ。

腐食する鉄筋コンクリートの地下坑道のなかで人間がどうサバイバルするのか、生態観察すれば、『タワーリング・インフェルノ』よりも面白い映画くらいは作れるさ……。

原子力産業そのものが、産官学の狂信(カルト)宗教になっているので、道北の幌延周辺とか、岐阜の山の中とかに「地層処分場」を作る、という狂信的な思惑は、自発的には止まるまい。それを止めるものがあり得るとすれば、日本の場合は唯一「天罰」だけであろう。

しかしこの「天罰」は大地震とか大風水害とか大疫病とかの、人知が及ばぬ自然災害だけにとどまるものではない。中国の場合は、「天子」たる君主が、「天」の意図に背いて悪政を続けていれば、人心が荒廃して「革命」が起き、政権が転覆して、それまでの王朝とは「姓」(=血統)が異なる新たな王へと「姓」が易(か)わり(=易姓革命)、「天命」が交替するのである。

この「易姓革命(えきせいかくめい)」という政治思想は、中国に王権が発生して以来、中国共産党が“王権”を牛耳(ぎゅうじ)っている今日もなお“生命力”を保っている。しかしこの「王権神授説」は、日本に輸入したときに大きく書き変えられた。

中国の場合は、どこの“馬の骨”ともわからぬ英雄的な覇者(はしゃ)が“天下”を獲(と)って「王」を名乗ってきた。いわば「天の神」とは血縁のないシロウトが、「天の神」に認証されて「王」に就いた。しかし日本の場合は、記紀物語の“官製神話”によって、天皇が「天の神」の子孫だという「血縁関係」が創作された。

とはいえ、この「神話」とは無関係に、明治維新以降の日本においても「易姓革命」が発生する余地は十分にある。昭和天皇は自(みづか)らの「神格」を否定したが、天皇が「神の子孫」であろうがなかろうが、“行政(まつりごと)の主宰者”である内閣総理大臣は、天皇が任命する。

その総理大臣が、仮に天皇に対する越権行為を働き、あるいは外国製のカルト宗教にカマけて“日本古来の霊性”を汚(けが)すような罪を働けば、やはり「天の仕組み」が動いて「天罰」を喰(く)らい「易姓革命」が起きるであろう。

原爆・原発・統一教会

教祖・文鮮明が死んで“家督(かとく)争い”が起き、いくつかのセクトに分裂した統一教会は、日本では近年、その主流派が「世界平和統一家庭連合」を名乗っているけれども、数多(あまた)の宗教的偽装団体で自(みづか)らを粉飾して、過去と同じ活動をしている以上、「旧・統一教会」ではなく、今もあいかわらず「統一教会」と呼ぶのが適切であろう。

韓国では「プチ整形」手術で外貌をごまかす、という虚飾が、国民の日常的な生活文化に定着しているが――いまだに儒教を社会規範の土台にしているくせに、この浅薄な「プチ整形」文化の定着はまことに奇態(けったい)なのだけれども――犯罪的な活動を世界規模で展開してきた宗教団体が、名前を「プチ整形」すれば世間の目をごまかせると平然と考えている、その社会をナメ腐った態度自体が、すでに罰当たりである。名前をゴマかして人を騙したりしないで、“十字架”を背負えよ、統一教会の指導者ども!

 

1 2
佐藤雅彦 佐藤雅彦

筑波大学で喧嘩を学び、新聞記者や雑誌編集者を経て翻訳・ジャーナリズムに携わる。著書『もうひとつの憲法読本―新たな自由民権のために』等多数。

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告に頼らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

会員登録のお願い ISF主催の公開シンポ&トーク茶話会 注目イベントの紹介 琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

Recommend Movie

columnist

執筆者

一覧へ