注目イベントの紹介

強制労働犠牲者の史実伝える北海道・笹の墓標展示館 全国巡回展(東京)

主催 笹の墓標展示館再生実行委員会
日時 2022年10月5日(水)~10月13日(木)10時~16時
場所 築地本願寺 第二伝道会館2階(東京都中央区築地3-15-1)
問い合わせ sasanobohyo.tokyo@gmail.com

開催期間中に、追悼法要や講演会などを行います。5日の初日にはオープニング・セレモニーも実施します。これには韓国大使館の公使参事官にもご出席いただきます。どうぞご都合をつけて築地本願寺に足をお運びください。

アフターコロナシンポジウム「札幌から流れが変わる大切なものを守るために」Vol.2

主催 宗教法人惠弘寺
日時 2022年10月9日(日)開場10時(開催11時)
場所 共済ホール(札幌市中央区北4条西1-1 共済ビル6F)
最寄駅 札幌市営地下鉄東豊線札幌駅21番、25番出口より
チケット入場料 予約 2500円、当日 2800円、中学生以下 無料(入場券事前購入方法:teketサイトより「アフターコロナシンポジウム」と検索。前売券を購入できる。)

映画『オレの記念日』(ドキュメンタリー映画/日本/2022年/カラー/104分)

ロードショー 全国順次公開 2022年10月8日(土) ポレポレ東中野[東京]
監督 金聖雄
出演 布川事件:桜井昌司、桜井恵子、クー、ヒメ、杉山卓男 袴田事件:袴田巖、袴田ひで子 東住吉事件:青木恵子 狭山事件:石川一雄、石川早智子
語り 小室等
構成・編集 野村太
撮影 池田俊巳、渡辺勝重
現場録音 池田泰明
録音 吉田茂一
音楽・演奏 吉野弘志
スチール 村田次郎
イラスト 千葉佐記子、石渡希和
パンフレット制作 松井一恵
デザイン 加藤さよ子
制作デスク 沢口絹枝、若宮まさこ
宣伝 明石薫
製作協力 陣内直行、映像グループ翔の会
企画・製作・配給 Kimoon Film

20歳の時に布川事件で冤罪により殺人犯とされ、29年間を獄中で過ごした桜井昌司さん。2011年に無罪判決、そして2021年には勝てないと言われ続けた国家賠償裁判での完全勝利など、次々に人生を逆転させていく。2019年には末期ガンにより”余命1年”と宣告されるも、食事療法などを続け、3年が過ぎた今も精力的に全国を駆け巡る。冤罪により無期懲役判決を受けた若者が、29年の獄中生活で悟った人生の意味とは・・。

マッド・アマノ パロディ個展

開催期間 2022年11月1日(火)~11月13日(日)
時間 11時~19時
場所 画廊ギャラリー&クラフト杜(東京都豊島区巣鴨1-3-20)
アクセス JR山手線 巣鴨駅南口、都営三田線 巣鴨駅より徒歩4分
問い合わせ 03-3946-8035

ISF主催公開シンポジウム:ウクライナ危機と世界秩序の転換 ~情報操作と二重基準を越えて

主催 独立言論フォーラム(ISF)
日時 11月25日(金)14時~(13時半開場・17時終了)
会場 衆議院第一議員会館地下1階大会議室
登壇者 鳩山友紀夫さん(元総理)、ミハイル・ガルージンさん(ロシア駐日大使)、木村三浩さん(一水会代表)、 孫崎享さん(元外務省情報局長)、羽場久美子さん(神奈川大学教授)、成澤宗男さん(ISF独立言論フォーラム副編集長)
参加費 1000円
申込み方法 事前申込者を優先的に会場にご案内させていただきます。 参加をご希望される方は、独立言論フォーラムへの事前申し込み(申し込みは下記のリンク「申し込みはこちら」へ)をお願いいたします。申し込み時にお名前の記載をお願い致します。

日本を含む西側の欧米諸国では、2月24日のロシア軍によるウクライナへの軍事行動を「侵略戦争」ととらえ、ロシア(プーチン大統領)=悪、ウクライナ(ゼレンスキー大統領)+アメリカ・NATO=善(正義)とみなす見方が支配的です。その一方で、その西側諸国の情報操作と二重基準を指摘し、ウクライナ危機の本質とはアメリカ・NATOの対ロ代理戦争の性格が濃厚であり、これまでの西側中心の世界秩序が大きく揺らぎつつあるとの見方も出てきています。
今回のシンポジウムでは、いま私たちが直面しているウクライナ危機を通して世界秩序転換の動きをじっくりと考えたいと思います。

琉球民族独立総合研究学会オープンシンポジウム

日時 10月1日(土)14時~16時(開場13時半)
費用 入場無料/資料代:一般1000円、学生無料
テーマ 「すべての琉球人よ!ひやみかちうきり!ー植民地化(「琉球処分」)150年と再植民地化(「復帰」)50年を断つ!ー」
講師 後田多敦教授(神奈川大学、石垣島出身)

ISF主催公開シンポジウム:コロナ&ワクチン問題を考える~ワクチン接種の安全性・有効性を問う

主催 独立言論フォーラム(ISF)
日時 10月29日(土)14時~(13時半開場・17時終了)
会場 全国家電会館1Fホール(東京都文京区湯島3-6-1)
登壇者 井上正康さん(大阪市立大学名誉教授)、池田利恵さん(日野市議会市議)、長嶋竜弘さん(鎌倉市議会市議)、浜地道雄さん(コロナ前の暮しを取り戻そう市民の会発起人)
参加費 500円
申込み方法 事前申込者を優先的に会場にご案内させていただきます。 参加をご希望される方は、独立言論フォーラムへの事前申し込み(申し込みは下記のリンク「申し込みはこちら」へ)をお願いいたします。申し込み時にお名前の記載をお願い致します。

2020年3月11日のWHO(世界保健機関)による、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の「パンデミック(世界的な大流行)」宣言以来、日本を含む世界中で新型コロナ対策として、マスク着用とソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保、PCR検査の実施、ワクチン接種などが一般化して2022年9月になった現在までも続いています。
世界的に見れば、一部の国々はこうした新型コロナ対策を法律で義務化するばかりでなく、ワクチン接種の強制、ワクチン・パスポートやワクチン接種証明書の発行などを行い、そうした新型コロナ対策に従わない人々に対してさまざまな罰則を科して不利益を強いています。またそうでない国々においても、マスク着用なしでの交通機関や飲食店・スーパーなどの利用拒否、職場接種や職域接種などの形でワクチン接種の実施など、「事実上の強制」が日常的に行われるようになっています。
今回のISF主催のシンポジウムでは、こうしたコロナ&ワクチンについてのさまざまな問題をどのように考えたらいいのか、をじっくりと話し合う機会としたいと考えています。一人でも多くの皆さんのご参加をよろしくお願いします。

映画「日本原 牛と人の大地」

日時 9月17日(土)より順次全国公開
会場 ポレポレ東中野(東京)、第七藝術劇場(大阪)ほか

1960年代の終わり、岡山大学の医学生だったヒデさんは、なぜ牛飼いになったのか?
岡山県北部の山間の町、奈義町なぎちょう。人口6,000人のこの町に陸上自衛隊「日本原にほんばら演習場」がある。日露戦争後に旧陸軍が村々を強制買収して設置、占領軍に接収されたのち自衛隊に引き継がれ、今日に至る。奈義町は自衛隊との「共存共栄」を謳ってきた。日本原では昔から地元住民が山に入って土地を共同利用する「入会」が行なわれ、演習場内の耕作権などが防衛省から認められている。しかし、いまや場内で耕作しているのは本作の主人公・内藤秀之さん一家だけとなった。“ヒデさん”と親しまれる内藤さんは50年にわたり牛を飼い、田畑を耕してきた。彼を知る人は言う。「ヒデさんは医者にならずに婿入りして牛飼いになったんよ」。
政治の季節と青春のその後で、いま私たちが生きている時代をユニークな視点と映画言語で映し出す。
監督は、日本映画学校を卒業したものの映画の夢を諦めかけていた黒部俊介。東京から移住した岡山で偶然ヒデさんと出会った黒部はビデオキャメラをたずさえて日本原に通い続けた。コモンズと占領。安保法制下の米軍と自衛隊。土地利用規制法が孕む危険。改憲が具体化していくなか、“国防”の名のもとで私たちが手放しはじめているものは何か。映画は、ヒデさんの息子の陽さんによるナレーションに導かれて、ゆらゆらと歩きはじめる。
こういう作品こそ、万難排してスクリーンでご堪能ください!

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告は一切取らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

注目イベントの紹介 琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

Recommend Movie

columnist

執筆者

一覧へ