【特集】ウクライナ危機の本質と背景

ジョー・バイデンは米国が本当にロシアのレジームチェンジを望んでいると伝えた(前)

ジョナサン・クック(Jonathan Cook)

イラク、リビア、その他の地域での米国の記録を踏まえると、バイデンのコメントは、「ウクライナの侵略は先制的だった」とのプーチンの主張を利することになる (ジョナサン・クック、2022年4月2日投稿)。

米国のジョー・バイデン大統領は週末に、ワシントンが「モスクワの政権交代(体制転換)を望んでいる」と示唆した際、かなり大きな声で言ったのだろうか? ロシアのプーチン大統領には、そう映ったかも知れない。

今月初め、バイデンはプーチンを「戦争犯罪人」と非難したが、この非難は偽善に満ちている。バイデン氏自身、ワシントンの歴史的戦争犯罪で重要な役割を果たしている。2003年の違法なイラク侵攻を議会に承認させたことから、オバマ政権による中東全域でのドローン攻撃の拡大に参加したことまで、その役割は大きい。

そして土曜日、バイデンはプーチンを「権力の座に留まることのできない」「虐殺者」と評した。恐らく驚くには値しないが、米政府は慌てて撤回し、欧州の同盟国は、米国がライバルである核保有国の指導者を退陣させようとするかも知れないと示唆する発言のダメージを抑えようと奔走している。バイデン氏自身、後にそれを撤回した。

だが、プーチンは、アフガニスタン、イラク、リビアからシリア、イラン、ベネズエラまで、最近の世界各地での米国の介入の例を見るだけで、政権交代が常にその脚本の中心にあったことを知ることができる。これらの米国の介入の記録を見ても、なぜプーチンはロシア政府がもっとうまくやれると考えられるのか。

戦争犯罪を阻止するための努力として正当化されるという、米国の政権打倒への野望は、ソ連崩壊後の時代における米国の外交政策の中心だった。実際、ロシアのウクライナへの不法な侵攻に至る一連の出来事を引き起こしたのは、まさにそうした政策であった、と説得力のある反論ができるだろう。

・膨張主義的な大国

ソーシャルメディアでよく使われる表現に、「ウクライナ人がかつてNATOへの加盟を迷っていたのなら、ロシアの侵攻によって、西側の軍事同盟への加盟を目指すことがいかに正当であったかが遡及的に証明されたことになる。ロシアによる侵攻を、回避できただろうからだ」というものがある。

この論法を使うなら、別の議論も成り立つ。もしウクライナ政府がNATOに媚びへつらうのではなく、中立を選択し、米国とその同盟国のために、ロシア国境への事実上の橋頭堡となることを提案していれば、プーチンは侵略を選択しなかったかも知れない、という議論も同様に可能なのである。

このような仮説に基づく議論は生産性がない。より確実なことは、もし米国がイラク戦争のように侵略戦争の禁止に明白に違反しなければ、プーチンはウクライナでの自らの戦争を合理化するのに苦労しただろう、ということである。

しかし、バイデンらイラク侵略の立役者が国際法を事実上無効化し、プーチンがその先例に倣いやすくなったというだけではない。米国と英国のような欧州の同盟国が、依然として帝国主義的征服に固執する拡張主義的勢力であるというモスクワの疑念を裏付けたのである。

最近の歴史は、プーチンが、ロシアに対して悪意はないとするワシントンの主張を信用しない理由が十分にあることを既に示していた。バイデンは、今回の政権交代発言で、その疑念を裏付けただけである。

クレムリンにとって事態がどのように見えるかを理解するためには、ソ連崩壊後の出来事のパターンを思い起こす必要がある。この時期に注目されるのは、NATOが旧ソ連諸国に進出しないと約束したかどうかという点である。文書による記録は、それがあったことを示唆している。米国の計画の中心には、欺瞞があったように思われる。

しかし、それだけが問題ではなく、最大の問題でもなかった。1990年代後半にかけて、ワシントンの外交政策エリートたちの想像力の中で、2つの利己的で危険な考え方が融合していったのだ。

まず、99年のコソボ紛争におけるNATOのセルビア軍に対する78日間の空爆作戦で、米国とその同盟国は、国際法を蹂躙し、怪しげな人道主義(当時は「保護する責任」)の名の下にそれを行う西側の権利を確立してしまったのだ。

プーチンはウクライナに侵攻する際、隣国の「非ナチ化」を目指し、ドンバス地域のロシア系民族社会をウクライナのウルトラ・ナショナリストの攻撃から守ると主張し、同様の主張をしていることは注目に値する。

第二に、ワシントンのネオコンと呼ばれる極めてタカ派の高官たちのイデオロギー的野心が、米国の外交政策の決定権を支配するようになったことである。9.11以降、彼らが「グローバルな全面的支配」を目指すための舞台が整ったのである。

 

1 2
ジョナサン・クック(Jonathan Cook) ジョナサン・クック(Jonathan Cook)

マーサ・ゲルホーン特別賞(ジャーナリズム部門)を受賞している。近著には、以下のものがある。 ・”The Clash of Civilizations: Iraq, Iran, and the Plan to Remake the Middle East”, Pluto Press. ・"Israel's Experiments in Human Despair, Zed Books 彼のウェブサイトはwww.jonathan-cook.net。 ※この記事はMiddle East Eyeに掲載されたものです。 https://original.antiwar.com/cook/2022/04/01/joe-biden-has-confirmed-to-russia-that-the-us-really-wants-regime-change/

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告は一切取らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 注目イベントの紹介 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

columnist

執筆者

一覧へ