【連載】ヒューマン・ライツ紀行(前田朗)

第1回 差別犯罪としてのウトロ放火事件――ヘイト・クライムを許さないために

前田朗

・ウトロ放火事件報告会

2022年1月23日、東京の新宿区大久保区民センターで、ウトロ放火事件糾弾緊急集会実行委員会主催の「ウトロ放火事件緊急糾弾集会――ウトロで何が起きたのか!レイシストが奪おうとしたものは何か!」が開かれた。集会では、「京都府・京都市に有効なヘイトスピーチ対策の推進を求める会」事務局長のさとう大が事件の概要を報告した。さとうは「朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋」共同代表も務める。

ウトロ放火事件集会

 

京都府宇治市伊勢田町の在日朝鮮人集落・ウトロ地区(約60世帯、100人)の住宅や倉庫など7棟が全半焼する火災が起きたのは21年8月30日であった。火元は誰も住んでいない空き家だったが、延焼して家族が暮らす2棟も焼け落ちた。ウトロの歴史を語る様々な看板などが保管されていた倉庫が焼け、「歴史」が失われてしまった。現場検証の結果、出火の原因は漏電と見られた。

ウトロ事件現場

 

1 2 3
前田朗 前田朗

(一社)独立言論フォーラム・理事。東京造形大学名誉教授、日本民主法律家協会理事、救援連絡センター運営委員。著書『メディアと市民』『旅する平和学』(以上彩流社)『軍隊のない国家』(日本評論社)非国民シリーズ『非国民がやってきた!』『国民を殺す国家』『パロディのパロディ――井上ひさし再入門』(以上耕文社)『ヘイト・スピーチ法研究要綱』『憲法9条再入門』(以上三一書房)『500冊の死刑』(インパクト出版会)等。

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告は一切取らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 注目イベントの紹介 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

columnist

執筆者

一覧へ