シリーズ日本の冤罪㉒ 大崎事件:再審開始に向けて積み上がる「無罪」の証拠

青柳雄介

病床に臥している94歳の原口アヤ子さんは、声にならない声で必死に訴え続けている。

「私は犯人ではない、私は殺人犯などでは決してない」と。極悪な犯人とされ逮捕・起訴されても、裁判の途上でも、そして刑期を終えた現在も、一度も自供したことはない。犯してもいない罪を自白するわけにはいかないからだ。言葉にすれば当たり前のことだが、本シリーズ(紙の爆弾シリーズ連載「日本の冤罪」)を読んできた方は、それがどれほど困難なことか、その一端をご存知だろう。

40年以上にわたり数奇な運命をたどった原口アヤ子さんと「大崎事件」は、再審無罪獲得まであと一歩のところまでたどり着いている。

鴨志田弁護士(右)とアヤ子さん

 

・〝共犯者〟の自白の変遷

事件の舞台となった鹿児島県大崎町は、大隅半島東部に位置し、国際港湾を擁する志布志市に隣接する人口1万3000人あまりの静かで小さな農村地帯である。

ここで今から43年前の1979年10月15日、“殺人事件”が起きた。主婦・原口アヤ子さんの義弟(夫の末弟)・四郎さん(仮名。以下同)が自宅横にある牛小屋の堆肥の中から遺体で発見されたのだ。誰かが遺棄したのは明らかだった。

その直後、それぞれ四郎さん宅の隣に住む、アヤ子さんの夫で四郎さんの長兄・一郎さんと次兄・次郎さんが任意同行され、すぐに犯行を自白し逮捕される。

ただ、このときの自白は、「殺人と死体遺棄は一郎と次郎の2人でやった」というものだった。

ところがその後、彼らの自白は、「殺人についてはアヤ子の指示でやった。アヤ子が主導者だ」と変わり、さらに、「死体遺棄については、次郎さんの息子の太郎さんも手伝った」と、犯行に関わったのが2人から3人、3人から4人と変遷していったのだ。

実は冤罪事件においては、自白の変遷はよくある。警察や検察の厳しい取調べに耐えかね、やってもいない犯行を自白してしまえば、当然、その内容はあいまいだ。犯行ストーリーに合わせるために、供述を変えることになる。

自白が信用できるものとなるためには、客観的な証拠による裏付けが不可欠だ。ところが、この事件では客観的な証拠が何もなかった。

一郎さんの自白は、「タオルで力いっぱい四郎さんの首を絞めて殺した」というものだった。にもかかわらず、そのタオルさえ特定できていないのだ。そのため、この事件はDNA鑑定が不可能だった。

ところが、共犯者とされる3人、一郎さん・次郎さん・太郎さんは、法廷でも自白を維持したままだった。

前述したように、冤罪事件では多くの場合、過酷な取調べによる虚偽の自白がつきものだ。それでも、法廷に立った時には、「実は私はやっていないんです」と、自白を翻すケースも多い。

ところが、大崎事件の3人の共犯者は、法廷でも争わなかった。実際には、何を聞かれてもろくに答えられなかった、というのが実情のようである。そして控訴もせずに刑が確定している。

一方、当時52歳だったアヤ子さんは、ただの1回も自白していない。しかし、共犯者3人が自白していることで、逮捕からわずか5カ月後の80年3月31日、鹿児島地裁は懲役10年の有罪判決を下した。もちろんアヤ子さんは控訴・上告したが棄却され、10年満期の服役をして、出所後に再審請求を行なうに至ったのである。

 

1 2 3 4 5
青柳雄介 青柳雄介

雑誌記者を経てフリーのジャーナリスト。事件を中心に社会・福祉・司法ほか、さまざまな分野を取材。袴田巖氏の密着取材も続けている。

ご支援ください。

ISFは市民による独立メディアです。広告は一切取らずにすべて市民からの寄付金によって運営されています。皆さまからのご支援をよろしくお願いします!

琉球・沖縄通信 メディア批評&事件検証 映画・書籍批評 漫画・パロディ・絵画 注目イベントの紹介 お薦めサイト&リンク集

Most Popular

Recommend

columnist

執筆者

一覧へ